MainImage_コエンザイムQ10

『Lカルニチン』と『コエンザイムQ10』で肥満対策をしよう

『Lカルニチン』と『コエンザイムQ10』で肥満対策をしよう

中高年の年齢になって、今までよりも太りやすくなってしまったという方がたくさんいらっしゃいます。
若いころとは違い、ウォーキングなどの運動をしても一向に痩せる気配が無いなどという方もいらっしゃると思います。
肥満というものはいろいろな病気を引き起こす原因にもなりますので、中高年にとっては重大な問題となるのです。
そこで、近年この肥満を解消する新しい成分として脚光を浴びているものが『Lカルニチン』という成分なのです。
この成分はアミノ酸の一種で、食品では赤身のお肉などに多く含まれています。
この成分の特徴として、体内に多く含まれていればいるほど、脂肪を効率よく活発的に燃焼させることが出来るようになるという点です。
この成分はもともと体内で生成されるものですが、加齢とともにその生成量は減少をしていってしまいます。
具体的には20代をピークに減少を始め、40代では半減をしてしまうと言われています。
中高年になると肥満になりやすくなるのはこの成分が不足をしてしまい、脂肪が燃焼しづらくなってしまうためだと考えられています。
ですから、この成分を多く体内に蓄積する事が出来れば必然的に痩せやすい体質へと改善をすることが可能となるのです。


しかし、この『Lカルニチン』は単体だけではあまり効果を発揮する事が出来ません。
そこに『コエンザイムQ10』という成分も必要となってくるのです。
この成分は補酵素の一種で、体内の細胞内で酵素の働きを助けて、脂肪を燃焼させエネルギーに変換する作用の一役を担っている非常に重要な成分となります。
つまり、『Lカルニチン』は脂肪を細胞内まで運ぶ車のような役割を果たし、『コエンザイムQ10』はその運ばれてきた脂肪を効率的に燃焼させる役割を果たしているのです。
ですから、どちらか一つが不足をしてしまうと脂肪は効率的に燃焼されることは無く、二つの成分の相乗効果があって初めて脂肪は効率的に燃焼されるようになるのです。
この二つの成分を摂取する方法として、これらの成分が含まれている通常の食品を摂取するという方法がありますが、含有量が少ないため必要量を摂取する事を目的とするのであれば、あまり効率的ではありません。
そこでおすすめなのが栄養補助食品です。
これらの成分が配合されている栄養補助食品であれば、効率的に必要量を摂取することが可能となります。
このように中高年の肥満対策として強い味方である『Lカルニチン』と『コエンザイムQ10』、肥満にお悩みの中高年の方は是非お試しください。
もちろんコエンザイムQ10を多く含む食品も摂取してください。