MainImage_コエンザイムQ10

私たちの体にかかせないコエンザイムQ10に副作用はあるのか

私たちの体にかかせないコエンザイムQ10に副作用はあるのか

最近、健康食品として注目を集めているものの一つにコエンザイムQ10があります。
この物質は人間の細胞のすべてに存在していて、心臓や肝臓、腎臓に多く含まれている物質です。
日常生活を送るためのエネルギーを作り出してくれる人間にとって最も必要な補酸素のことを言います。
これが人間とって大切な働きを担っています。
一つは食事でとった栄養素を、生きるためのエネルギーに変えてくれる働きをしてくれます。
人間のすべてのエネルギーのほとんどを作り出しているのは、全身の細胞に存在しているミトコンドリアという小器官です。
ここで栄養素が酸素によって燃焼することでエネルギーが生み出されるのですが、このコエンザイムQ10がミトコンドリア内にたくさん含まれていてエネルギーを生み出す効果を発揮しています。
もうひとつの重要な働きとしては、強力な抗酸化物質としての効果です。
酸化ストレスを生む脂質過酸化物を完全に抑えられることがわかっています。
活性酸素を撃退してくれる抗酸化物質として、体の内面から美しく健康にしてくれます。
ただ、体の中にあるコエンザイムQ10は食事らによって補給されるのと体内で生成されるのと2種類によって作られていますが、20歳前後で体内で生成される量が急激に低下していきます。
従って、サプリメントや塗り薬などによる補給が大切なのです。


コエンザイムQ10の効果は様々で、体の代謝を早めてくれるのでダイエット効果が期待できます。
さらに、もともと心臓病の治療薬だったので、心臓機能の改善してくれます。
また、抗酸化物質として細胞の酸化を防いでくれるのでアンチエイジング効果もあります。
肌を紫外線から守ってくれたり、肌のシワや衰えを改善してくれます。
そのほか、エネルギーを生み出すために慢性疲労にも効果があるのです。
特に水溶性のコエンザイムQ10は吸収率が高いです。
これほどの効果があることと、もともと心臓の治療薬だったこともあり副作用を心配する方もいますがほとんど心配はありません。
なぜなら、もともと体の中で生成されている物質だからです。
しかし、どんなに体に良いものでも過剰摂取は避けたほうがよいでしょう。
コエンザイムQ10の摂取量はこちらを参考にしてください。
あとは、子供に対しては継続してサプリメントなどで摂取させるのは避けましょう。
なぜなら、成長期の子供は体内で十分に生成される栄養素なので、外部から与えることによって体内で作られる機能が低下する恐れがあるからです。
なので、摂取が必要な子供でも短期間にすることが大切です。
また、極端に偏った食生活やストレスは効果を妨げてしまうので注意して使用しましょう。
しっかりと、注意事項を守って使用する分には問題はありません。
効果的に利用して健康を手に入れましょう。
コエンザイムQ10は定期購入をおすすめします。